明治黎明150年 ~繋がる歴史~

平成30年(2018年)は、明治元年(1868年)から満150年の年に当たります。

 

明治以降、近代国民国家への第一歩を踏み出した日本。登米町も例外じゃない。北上川の舟運によって隆盛を極めたこの町には、明治という高揚の時代、多くの端正な建築物が建てられたが、交通の主役が船から列車へと移るとともに町から時代の波は引き、後にはただいくつかの建造物が残った。また江戸時代の城下町の町割もまだ息づいている本物の歴史がここにはある。それのどれもが、当たり前のように町に溶け込み、訪れた方に懐かしいと、つい言わせてしまう。

この「明治150年」をきっかけとして、明治以降の歩みを次世代に遺すことや、明治の精神に学び、伝えていくことが我々の使命とし、市民の皆さんをはじめ、たくさんの方々の興味・関心、機運が高まることを期待しております。

みやぎの明治村から発信いたします。

旧登米高等尋常小学校(現教育資料館)

イベント情報

きものでぶらり みやぎの明治村 登米(とよま)あるき
“れきこす” 街中コスプレイベント
佐藤松弘作「能面」幽玄の世界