みやぎの明治村・登米町(とよままち)は宮城県北東部にあり、町の中央を東北の大河・北上川が流れ、東に北上山地、西にはササニシキ・ひとめぼれのふるさとである豊かな田園地帯が広がる静かな町です。町には教育資料館(重要文化財・旧登米高等尋常小学校)、警察資料館(県指定文化財・旧登米警察署庁舎)のハイカラな洋風建築物、廃藩置県当時に置かれた水沢県庁記念館(旧水沢県庁庁舎)や重厚な蔵造りの商家など明治を偲ばせる建物が多く現存しており、その町並みから「みやぎの明治村」と呼ばれています。また、少し横道に入ると藩政時代の武家屋敷や史跡も随所に残っており、当時の面影を今に伝えています。

【2017年1月7日~3月30日】期間限定「みやぎの明治村共通観覧券」プレゼント企画

期間限定プレゼント企画! 2017年 1月7日~3月30日の期間中に、遠山之里売...

【2017年1月2日~3日】遠山之里の初売

とよま観光物産センター遠山之里の「2017年新春初売」のご案内です。 お買上3,...

【2016年12月24日~30日】期間限定とよま観光物産センター遠山之里お買物商品券プレゼント企画

年末の期間限定企画として、とよま観光物産センター遠山之里売店にて商品のご購入額3,000円...

「鈴木麩屋」あぶら麩

登米市登米町「鈴木麩屋」のあぶら麩です。 明治三十二年創業。 地元とよま、全国にもファ...

準備中

準備中

準備中

準備中

準備中